採れたてトレンド速報

あらゆるジャンルの採れたてのトレンド情報をいち早く発信。

デヴィ夫人や嘉門達夫もコメント「森のくまさん」替え歌はどうなるの?

   


「森のくまさん」パロディー「著作権侵害」で提訴が話題に

歌詞を無断で改変されたとして、日本語訳詞を手掛けた作家で作詞家の馬場祥弘さん(72)が18日

太田プロダクション(東京)所属の芸人「パーマ大佐」さんと制作、販売したユニバーサルミュージック(同)に慰謝料300万円の請求を通知した。

「お嬢さん」が警察に追われ「くまさん」が死んだりするなど本来の歌詞にない内容が含まれている。

歌詞カードには訳詞者を馬場さんと記載した。2015年6月から動画サイトで公開し、約35万回再生されている。

馬場祥弘氏の代理人によりますと、昨年11月

日本音楽著作権協会(JASRAC)を介してユニバーサルミュージック側から「歌詞を加筆する許諾を得たい」と連絡を受け拒否した

その後、12月に「許可を頂いた」としてCDのサンプルが届けられたという。

先方との直接のやりとりはなく、それらの手続きも全くなされないままCDが届いたので驚いた」と話し、著作者人格権の侵害を主張

馬場さんが問題視するポイントは!


大阪工業大大学院の大塚理彦教授は、作品に込めた意図や情感など「作者の『気持ち』を守るための規定だ」と解説

実際の法的には、どうなの?

歌詞の著作権はJASRACに属するが、改変には著作者の承諾が必要となる。

各局の情報番組では、著作権法に詳しい弁護士に話を聞いていたが「著作者としての人格権を侵害」しているかどうかは意見が分かれている。

これに対し関係者からは…

パーマ大佐が所属する太田プロ広報部は「手続きはレコード会社に委ねている」としている。

「適切な手続きを踏まえ発売している。現時点で書面が届いておらず、コメントは差し控える」としている。

ユニバーサルミュージック

森のくまさんの作詞者がどうかはともかく、問題はパーマ大佐ではなく事務所とJASRACだろうな

パーマ大佐の「森のくまさん』の一件、皆さんどう思いますか?サンプリングミュージックで育った僕には原曲へのリスペクトさえあれば改変や引用は全然ありだし、むしろ権利持ってる側からしたらこんな名誉で美味しいこと無いと思うんだけど。一方で、何でもアリになってしまうのはマズいとは思うけど。

そもそも「著作権」とは?

 - トレンドニュース

Top page
×