採れたてトレンド速報

あらゆるジャンルの採れたてのトレンド情報をいち早く発信。

音楽教室から徴収!?…JASRACの著作権料方針に賛否の声

   


・過去に著作権侵害を巡って訴訟を起こしてきたJASRAC

2016年6月7日、BGMを利用していながら、音楽著作権の手続きが済んでいない美容室などに法的措置

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、店舗内などで許諾なくBGMを利用する美容室などに対して、全国一斉に著作権料を払うよう、法的措置に訴えた。

申し立ての対象となった店舗は、JASRACが繰り返し催告したにもかかわらず、契約手続きに応じなかった美容室や理容店、アパレルショップ、飲食店など

無許諾でBGM利用する店舗への全国一斉の法的措置は、'15年に続いて2度目で、今回の申し立ての全件数のうち、132事業者、151施設が美容室となる。

近年、BGMの音源が市販CDや、携帯音楽プレーヤー、パソコン、インターネットラジオなど多様化しており、JASRACでは、これらのBGM利用については、施設ごとに著作権の手続きが必要と説明している。

・生演奏が「著作権侵害」になったことも

静岡市葵区のライブハウスの経営者らを相手取り、著作物の使用禁止と使用料相当額など約580万円の支払いを求める訴訟を静岡地裁に起こした。

JASRACのリリースによると、同店はJASRACと利用契約を結ばないで、2008年に開店し、著作権料の督促にも応じなかった。

このため、JASRACが2014年9月に静岡地裁に侵害行為を差し止める仮処分を申し立てたが、同店は廃業し、使用料は支払われなかった。

JASRACによると、9月末現在、生演奏を提供する飲食店などは県内に456店舗あり、著作権契約をしているのは74・7%にとどまるという。

・今年に入りパチンコ遊技機の音楽使用料をめぐりこんな事例も

1月10日、パチンコ、パチスロ店において遊技機を用いて、JASRACが管理する著作物を上映、演奏した場合、メーカー側がその使用料を払うことで合意したと発表

今後、2019年まで3年間の経過措置を経て、遊技機メーカーが、パチンコホールに代わり、JASRACが管理する楽曲1曲につき、遊技機1台当たり80円の使用料が支払われることになる

・そして今度は音楽教室から著作権料を徴収することに

ヤマハ音楽教室なども演奏権が発生すると判断した。

ASRACは「ヤマハ音楽教室」などの音楽教室なども不特定の「公衆」とみなされるとして、演奏権が発生すると判断。

音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、合計約1万1千カ所の教室があるという。

そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、個人運営の教室は当面除外する方針だ。

・このニュースを受けてTwitterでは賛否の声が

音楽教室での生徒=「公衆」なので著作権料が発生する?
JASRACが音楽教室から著作権料を徴収する方針を固めたというニュースが話題に。
twitter.com/i/moments/8269…

Twitterモーメントも作られ話題に。

JASRACが音楽教室から著作権料徴収する方針って、金の亡者という言葉がこんなにふさわしい話もないよなあ。音楽教室って何演奏するかはっきりしやすいわけだし、練習にはすべて著作権切れた曲だけ使われたら徴収しようがないと思うんだけど。ていうか練習生を「公衆」とみなすの無理筋すぎる

音楽教室の音楽使用料として授業料の2.5%を搾り取るというJASRAC方針。JASRACって音楽が流れるあらゆる場所に出向いて使用料搾り取ってるけどJASRACが搾り取った使用料が音楽産業に貢献してるとは到底思えないし音楽をシマにしたヤクザなんだよな本当に

音楽教室の値段も当然上がるわけで、
もしかしたら、将来の音楽家になる子供が値段が上がった事により教室に通わなくなり…
という未来が容易に想像出来ますね

音大とかは教育機関だからってのが気になるが音楽教室は営利目的だからなぁ。営利目的で音楽を使用してるのならそりゃ権利者に支払えよとなる

 - トレンドニュース

Top page
×