採れたてトレンド速報

あらゆるジャンルの採れたてのトレンド情報をいち早く発信。

「家電俳優」細川茂樹「ハラスメント」で「契約解除」も裁判で無効に!?

   


俳優の細川茂樹さんが、事務所の契約を解除されたのも記憶に新しいですが、裁判で無効判決が出たようです。

細川 茂樹(ほそかわ しげき、1971年12月16日 – )は、日本の俳優・タレント・元モデル

1992年、雑誌『non-no』のボーイフレンドグランプリに選ばれる。1994年にNTVドラマ『天国に一番近いママ』で俳優デビューする。
2001年にはテ2005年の『仮面ライダー響鬼』で、役者本人・役柄ともに現役最年長(33歳/31歳)主役を演じる。テレビ朝日系『弾丸!ヒーローズ』にレギュラー出演

出典 Wikipedia

近年は、家電俳優としても活躍されていました。

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などで家電への豊富な知識を披露したことから、近年では情報番組などにも活躍の場を広げていた。

契約解除の原因とされるのは?

細川茂樹(45)が、所属事務所「サムデイ」と、契約解除に関して騒動となっていることが22日分かった。主張が真っ向から対立しており、泥沼化していく可能性もある。

事務所側は、細川さんが複数のマネジャーに対し、土下座を強要し頭を踏みつける、などのハラスメント行為を行い、うち1人が退社したことから「契約解除を検討せざるをえなくなった」と指摘。「ラジオ番組のロケで業務の一部を放棄するなどの債務不履行があった」として、解除は有効と主張していた

以前から細川のパワハラは業界でも有名だったようで、仕事でミスをしたマネージャーを土下座で叱責したことや、送迎中の車内ではマネージャーの運転に難癖をつけてケリを入れることもあったという。

担当になったマネージャーが次々と事務所を辞めるため、見かねた事務所幹部が昨年12月に細川に注意を促すも、細川は謝罪の姿勢を見せるどころか、弁護士を連れて事務所を訪れ「精神的苦痛を味わった」と逆に謝罪を要求したという。この騒動を聞きつけた社長が、細川の解雇を決定したというのがこの騒動の顛末だとされている

細川さんの主張

申立書によると、細川さんと事務所側は、1年更新の専属契約を結んでいたが、平成28年12月、債務不履行を理由に契約解除を通知された。細川さん側は「具体的な事情は一切説明されず、解除権の濫用にあたり、解除は無効だ」としていた。

細川さんの代理人弁護士によると、細川さんは2016年12月26日に解除を通告され、1月5日に予定していた競馬番組への出演が取りやめになった。今後も芸能活動を続けていくことを望んでいるという。

「本人は“暴力など一切なかった”と話しており、マネジャーとの関係も円満」と反論した。

裁判の結果

細川側は契約解除の無効を求める仮処分を申請。東京地裁(関述之裁判長)は21日付で契約の続行を命じる決定をし、この日細川側が発表した。暫定的にサムデイの所属タレントとしての立場にあることを認めた形だ。

裁判を受けて、事務所の反応

主張が認められなかったサムデイは「大変残念」とした一方で、「ハラスメントなどがなかったことを理由とした決定とは考えていない」とコメント。主張は変わっておらず、「本訴手続きにおいて引き続き当社の正当性を主張していく所存」と、今後の本訴訟で徹底的に闘う構えを見せている

「サムデイ」は「マネージャーなどへのハラスメントなどを理由に契約解除を通知したのは事実で、引き続き当社の正当性を主張していく」とするコメントを出した。

芸能界の反応

小倉智昭キャスター(69)は「事務所側はもうタレントとして対応する気持ちはありませんよということなんだろうな。事務所とは一度こじれてしまうとなかなか戻らない」とコメントした。

コメンテーターで出演の俳優・梅沢富美男(66)は「事務所とタレントの関係だけどさ。芸能事務所側が十分な権限持っているんでさ。『辞めさせないで』とか『辞めたい』とか(タレントが主張することが)絶対、通らないのが芸能事務所なんだよ」と、大御所らしい辛口コメント。

宮根誠司キャスター(53)も今回の細川と事務所のトラブルに「なかなか所属タレントの契約解除まではしませんけどね。(原因として報じられた細川の)マネジャーへのパワハラも、大御所が、自分に若いマネジャーがついた時に芸能界のルールを教えるために怒るというケースはあるかもしれないけど」とだけ話した

細川さんの今後はどうなってしまうんでしょうか?

 - トレンドニュース

Top page
×