採れたてトレンド速報

あらゆるジャンルの採れたてのトレンド情報をいち早く発信。

アキラ100%は椎名桔平!?芸能人の『運転手』だった芸人たち

   


▼R-1での優勝が記憶に新しいアキラ100%

過去最多となるエントリー3792人の頂点に立ち、賞金500万円を受け取った。

元々は俳優志望だったアキラ100%

アキラ100%は高校時代は演劇部に所属、大学では小劇団に所属するなど、元々は俳優志望だったようです。

アキラ100%、芸人にしてはかなりの男前じゃね? 一瞬俳優かと思った。

大学卒業後に芸能事務所に就職し、かつて20歳代の頃は椎名桔平の付き人、運転手をしていた。

「20年ぐらい前なんですけど、椎名桔平さんの付き人をやっていたことがあります」

出典アキラ100%、椎名桔平の付き人だった過去

今日のらじおとのゲストは、ラジオが合わない男「アキラ100%」。椎名桔平の付き人してたってマジかw

@HikaruIjuin
椎名さんと言えば『裸王』を思い出しました。
まさにアキラ100%さんのお師匠さま。

▼そのキャラクター性で人気を集めるジミー大西

ジミー大西は、ぼんちおさむに弟子入り後、1982年に芸人デビュー。

出典さんまプロデュースでドラマ化! ジミー大西が持つ「2つの顔」とは? – エキサイトニュース(1/2)

今も大みそか恒例の「笑ってはいけない」では、笑わないことなど絶対に不可能な天然 ボケを連発して最強キャラになっているジミー大西。

若手時代は、明石家さんまの運転手になるために教習所に通ったが・・・

さんま)誰か運転手になるやつおらんか?
ジミー)僕やります
さんま)免許もっとんのかい?
ジミー)いや持ってないです

ジミーは免許がなかったため合宿免許へ向かうが、通常、2週間で取得できるところ、半年もかかってしまう。

さんまをテレビ局へ送迎中、いくら経っても大渋滞で一切車は動かない。あまりにも凄い渋滞なので、さんまが不思議と外を見てみると、

なんと駐車している車の後ろで「動かない」と、渋滞だと勘違いしているジミー大西がいたのです。

ジミー大西は、さんまを「若」と呼んで絶対的に崇拝し、さんまの運転手をしながら、お笑いの最終兵器として数々のテレビ番組で、伝説を残していきます。

明石家さんまの運転手をやっていた頃、料金所で車の窓を開けるのを忘れて
手を窓に思いっきりぶつけて手を骨折してしまった。

ジミー大西の天然エピソード集

▼昭和のサラリーマン風の見た目が印象的なイワイガワのジョニ男

バラエティで見かけることが増えてきたジョニ男さん。あの、いかにも昭和の サラリーマン的な風貌がとても印象に残りますよね。

 - トレンドニュース

Top page
×