採れたてトレンド速報

あらゆるジャンルの採れたてのトレンド情報をいち早く発信。

ついに芸能界からも腫れ物扱い・・・“SMAP解散”での一番の被害者は実はキムタクだった!?

   


年内での解散を発表しているSAMP

12月31日での解散が発表され、国内のみならず海外にも衝撃が走っているSMAP。

NHK紅白歌合戦に出場するのか、また、解散後のメンバーにはどんな活躍の舞台が用意されているのかなど、すでにその後の展開に注目が集まっている。

そもそも解散の発端となったのはキムタクの裏切り行為

ジャニーズ事務所の内紛により、退所することを決めた、育ての親であるマネジャーと共に独立することを画策していたSMAPメンバーの中で、木村だけが事務所残留を表明。

当初はジャニーズ側も飯島氏と5人の独立を半ば了承していて、準備が進められていたとのこと。そのなかで、独立後もSMAPの売り上げやギャラの一部を、ジャニーズ側に収めることで話がついていたそう

ところが、話がまとまりかけていた段階で、妻・工藤静香の反対もあって、木村が事務所残留を表明。これによって飯島氏が積み上げてきたプランも消滅した。

この一件でメンバー間での関係が悪化し解散に至ったとみられている

メンバー内では香取と木村の関係が悪化し、香取は「休むなら解散したい」と希望。それに対し草なぎと稲垣も同意した。

結局、中居と木村の年長者2人も諦めの結果か、騒動の根源的な問題であるメンバー間の確執を取り除くことも、その作業に腐心することもできなかった。

このためキムタクは世間からは完全に裏切り者のイメージが定着し、好感度が急落

解散発表以降もメンバー間の不仲説が飛び交い、一連のトラブルの原因をつくったといわれる木村の好感度は、いまや留まることを知らないかのように急落している。

そしてそのイメージは芸能界にまで!?

世間から嫌われモノというイメージを持たれているだけでも大打撃なのに、その最悪のイメージは芸能界の内部にも浸透しているようだ。

1月には解散後初のドラマ主演を決定しているキムタク

来年1月スタートのTBS系「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・0)で、外科医役に初挑戦。連ドラで演じた職業は、これで通算20職目。入念に役作りを行っている最中で、「決して逃げずに挑んでみたい」と役者魂を燃やしている。

木村にとっては絶対に失敗できない作品。元々は今秋のドラマとして企画されていたようですが、同時間帯にテレビ朝日系で同じ医療モノの高視聴率ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の新シリーズが予定されているため、来年にスタートを遅らせたほど。

TBSの看板枠である「日曜劇場」にもかかわらず、直前までヒロイン役が決まらない異常事態となっていた。

当初、木村サイドから共演女優として提案された綾瀬はるかや吉高由里子、石原さとみなどの女優からはけんもほろろに断られ、制作サイドがようやく1本釣りした竹内結子は、“バツイチでイメージが悪い”という理由から木村サイドがNGを出したとも言われていました。しかし、フタをあけてみれば、竹内に落ち着いたということは、“時間切れ”だったのでしょう

ドラマ全体が、かなりギリギリの調整に追われている印象です。仮タイトルも6月には『Get Ready!!』だったのが『零に挑む』に変わりましたし、撮影に入るのも11月の第4週からとかなり遅い。

TBSは9月末頃、江口洋介に院長役のオファーをしているんですが、断られているんです。オファーの時期としては明らかにギリギリ。江口サイドから断られてしまったおかげで、キャスティングは振り出しに戻ってしまったそうです。迷走しているとしか言いようがないですよ

イメージが悪くなってしまったキムタクと心中したくないと考える俳優がいてもおかしくない。また、そもそもキムタクブランドはすでに存在しないというのが業界の見方。これも出演者が決まらなかったことの理由としてある。

さらに4月には映画主演も控えている

 - トレンドニュース

Top page
×